鹿島 内田が同点弾演出、連敗止める 代表入りへ清武を激励

[ 2018年4月26日 05:30 ]

明治安田生命J1第10節   鹿島1―1神戸 ( 2018年4月25日    カシマ )

神戸と引き分けた鹿島イレブン
Photo By 共同

 鹿島は神戸に引き分け、公式戦の連敗を2で止めた。FW鈴木とMF土居の配置を入れ替えるシステムも機能し、シュート数は2倍の10本と攻め続けた。日本代表の森保コーチが視察する中、FW鈴木の同点弾を演出したのはDF内田。右の深い位置から低いクロスを入れ「体的にあの時間でスプリントできるのはだいぶいい。個人的にもチームとしても今日の戦い方がヒントになる」と前向きに捉えた。

 この日2発のC大阪MF清武とは、ドイツ時代から連絡を取り合ってきた仲。互いにケガが多く「ダメかな」と清武からこぼされた時には「バカヤロー、俺が(代表入りを)諦めてないんだから諦めるなよ」と励ましたという。「うれしいっすね」と我がことのように喜んだ。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2018年4月26日のニュース