横浜 DF金井が負傷離脱 全治6〜8週間

[ 2017年10月4日 16:16 ]

 J1横浜は4日、DF金井貢史(27)が左ハムストリング肉離れで全治6〜8週間の見込みと診断されたと発表した。

 9月23日に行われた明治安田生命J1リーグ第27節・甲府戦(中銀スタ)で負傷した。金井は今季J1リーグ戦20試合に出場して2得点をマーク。負傷後、9月24日と10月1日に横浜市内の病院で検査を受けていた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「コパ・アメリカ(南米選手権)」特集記事

2017年10月4日のニュース