広島、悪夢の逆転負け 不可解ジャッジにヨンソン監督怒り

[ 2017年9月21日 05:30 ]

天皇杯4回戦   広島2―3横浜 ( 2017年9月20日    ニッパツ )

延長戦の末、横浜に敗れ、がっくりの広島イレブン(左)
Photo By スポニチ

 試合終了間際に悪夢が待っていた。広島は延長後半15分に長いボールを繋がれて失点。前半に作った2点のリードを守り切れなかった。

 2―0の後半9分には相手のクロスがDF水本の脇に当たったが、これがPKの判定に。不可解なジャッジもあり、ヨンソン監督は「ハンドの判定を受けたが、実際には脇に当たっていた。普段はあまりこういうことは言わないが…」と厳しい口調で語った。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2017年9月21日のニュース