鳥栖GK権田 相手選手と激しく衝突、退場 9分間試合中断

[ 2017年9月10日 19:58 ]

明治安田生命J1第25節最終日   鳥栖―仙台 ( 2017年9月10日    ユアスタ )

<仙台・鳥栖>前半、先制ゴールを決める仙台・石原(11)。鳥栖・GK権田
Photo By 共同

 鳥栖の元日本代表GK権田修一(28)が仙台戦の前半11分に先制点を失った際、相手選手と激しく衝突。9分間の試合中断の末、担架で退場するアクシデントがあった。

 仙台は前半11分、右からのクロスに反応した石原がゴールエリア内で右足を差し出してシュート。この際、ボールをキャッチしにいった権田の額を石原の右膝が直撃した。

 ボールはゴールに吸い込まれ仙台の先制点となったが、権田はその場に仰向けになり、腕を額に乗せた状態で身動きができず。トレーナー2人とチームメートらが囲み、石原も心配そうに権田の顔をのぞきこんだが、9分間の試合中断後、前半20分からGK赤星と交代して試合は再開となった。

 ピッチに倒れていた際も権田は意識があり、会話をしている様子も見受けられたが、今後の容態が心配される。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2017年9月10日のニュース