FC東京 篠田監督の退任発表 タイトル絶望的「大変申し訳ない」

[ 2017年9月10日 12:31 ]

9日のC大阪戦の会見で話をするFC東京・篠田監督
Photo By スポニチ

 FC東京は10日、篠田善之監督(46)の退任を発表した。篠田監督は16年7月にコーチから昇格。大型補強した今季はリーグ10位と低迷し、天皇杯、ルヴァン杯も敗退。直近の公式戦5連敗とタイトル獲得が絶望的となり、成績不振の責任を取る形となった。

 篠田監督はクラブを通じ「日頃より温かいご声援をいただき、本当にありがとうございました。期待に沿えるような成績を残すことができず、ファン・サポーターやすべてのFC東京に関わるみなさまに大変申し訳なく思っております。2012年から5年半FC東京でサッカーと向き合い、また多くの方々と出会えたことに、心から感謝しています。これからの東京のさらなる発展のために、選手、クラブを今後もサポートしていただければと思います」とコメントした。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2017年9月10日のニュース