川崎F 新潟からDF舞行龍ジェームズが完全移籍「変化した姿見せたい」

[ 2017年1月5日 14:37 ]

 J1の川崎Fは5日、J1新潟からDF舞行龍(マイケル)ジェームズ(28)が完全移籍で加入すると発表した。

 ニュージーランド出身の同選手は成立学園高から2008年に新潟入り。その後、JFL時代の金沢や長崎でもプレーし、13年8月から新潟に復帰していた。リーグ戦の通算成績はJ1が94試合1得点、J2が1試合0得点、JFLが76試合6得点、北信越リーグが11試合0得点。昨季はJ1リーグ戦で22試合1得点だった。

 川崎Fを通じ、「このチームの一員になれた事を嬉しく思います。今以上に変化した姿をサポータの皆さんに見せたいです。チームの優勝に貢献できるように頑張ります」とコメント。新潟を通じては、「18歳からプロになって、初めてこのチームに入団しました。色々な経験をさせてもらいました。いい経験も辛い経験もあり、自分自身成長できました。チームメート、スタッフ、フロント、サポーターの皆さんに本当に感謝してます。このチームに関わったことは、一生のサッカー人生の中ですごく大きな財産になりました」と談話を発表している。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「マラドーナ」特集記事

2017年1月5日のニュース