C大阪 杉本代役はソウザ「技術を前で使いたい」

[ 2016年9月11日 09:38 ]

 J2C大阪は11日の長崎戦(金鳥)に向け、10日に大阪市此花区で最終調整を行い、負傷離脱したFW杉本の代わりにMFソウザが主力組に入った。本来のボランチより攻撃的な役割が求められ「自分の技術を前で使いたい」と意気込んだ。

 元日本代表FW田代が再離脱も、MF清原は約1カ月ぶりにメンバー入り。肋骨骨折などを負った杉本もランニングを再開し、早ければ22日の天皇杯3回戦鳥栖戦(ベアスタ)で復帰できる可能性が出てきた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2016年9月11日のニュース