本田 ドローも同点アシスト!地元紙から及第点「足は常に熱い」

[ 2014年9月30日 05:30 ]

チェゼーナ戦の前半、競り合うACミランの本田(右)

セリエA ACミラン1―1チェゼーナ

(9月28日)
 28日の敵地チェゼーナ戦で今季2度目のアシストを決めたACミランのMF本田が、29日の地元紙でまずまずの評価を受けた。試合は1―1のドローだったが、各紙の採点はそろって及第点の6点。コリエレ・デラ・セーラ紙は「最近の試合と比較してあまり輝いていなかったが足は常に熱い。良いCKを蹴り同点につなげた」と報じた。

 この試合からインザーギ監督はシステムを4―3―3から4―2―3―1に変更し、本田は2列目の右MFで5戦連続先発。0―1の前半19分に右CKから左足でDFラミの頭に合わせた。10月4日のホーム・キエーボ戦での活躍にも期待が懸かる。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2014年9月30日のニュース