神戸 初Vあきらめない!崖っ縁チームに「競争出てきた」

[ 2014年9月20日 05:30 ]

Jリーグ第24節 神戸― 清水

(9月20日 神戸ユ)
 頂点はあきらめない。神戸は19日、ホーム清水戦(20日、ユニバー)に向け神戸市西区で軽めの調整をした。前節のFC東京では攻め込みながらドローに終わり首位・浦和との勝ち点差は11へと拡大したものの、日本代表MF森岡は「最後まで狙ってもいい。全部勝つつもりでやっていく」と初タイトルにどん欲な姿勢を見せた。

 崖っぷちのチームに朗報もある。「相馬も(小川)慶治朗もやれるし、競争が出てきた」と安達監督が名前を挙げた2人は19日の練習でも試合に向けたメニューを消化した。会場となるユニバーも、本来のホーム・ノエスタよりも芝生の状態は良好。華麗なパスサッカーで優勝の望みをつなぐ。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「マラドーナ」特集記事

2014年9月20日のニュース