大久保2試合出場停止!アウェー名古屋戦で広告看板蹴って破損

[ 2014年9月4日 14:00 ]

8月23日のJ1第21節・横浜戦で、無得点に終わり怒りを爆発させるFW大久保

 Jリーグは4日、J1川崎FのFW大久保嘉人(32)に2試合の出場停止処分を科したと発表した。

 8月30日に行われたJ1第22節・名古屋戦(瑞穂陸)において、大久保が広告看板を破損させたと報告を受け、規律委員会で映像や写真等を確認した。その結果、大久保が試合中スタジアム内の広告看板を蹴り損壊させた行為は、「選手等による競技場又はその周辺関連施設における故意による器物破損行為」に相当すると判断、2試合の出場停止処分となった。

 出場停止処分の対象となるのは、9月13日の第23節・徳島戦と同20日の第24節・FC東京戦。

 ワールドカップ(W杯)ブラジル大会にも出場した大久保は、昨季のJ1得点王。今季もここまで12得点を挙げ、得点ランク1位に立っている。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2014年9月4日のニュース