新潟 10戦連続負けなし 終了間際オウンゴールで勝った

[ 2014年5月6日 16:45 ]

<新潟・清水>後半ロスタイム、新潟・川又の放ったクロスが相手DFにあたりオウンゴールを誘発、喜びを爆発させる

J1第12節 新潟2―1清水

(5月6日 デンカS)
 新潟が劇的な幕切れで清水を2―1で下し、3試合ぶりの勝利を手にするとともに10試合連続負けなしとした。

 前半を0―0で折り返し、後半10分にMF田中亜土夢(26)のゴールで先制。ロスタイム突入後の同47分に同点に追いつかれたが、同50分にFW川又堅碁(24)が左サイドから上げたクロスが相手オウンゴールを誘発するラッキーな勝ち越し点となり、その直後に試合終了を告げるホイッスルが鳴った。

 川又は「みんな最後まで諦めなかったのが最後にああいう形になった」と話したが、自身のプレーについては「チャンスが2回あったのに決めきれなくて、良くはなかった。FWとしてゴールを決められない責任はある」と厳しい表情。5月12日のW杯メンバー発表まで1週間を切ったが、「アルビレックス新潟の選手なので、そこで一生懸命やるだけです」と話すにとどまった。

 

 

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「日本代表(侍ブルー)」特集記事

2014年5月6日のニュース