主将もびっくりの豪華さ C大阪“5億円基地”完成

[ 2013年1月19日 17:43 ]

 J1のC大阪は19日、大阪市内に完成した新クラブハウスの竣工式を開いた。隣接する3面のグラウンドの整備を含めて約5億円をかけ、14位と精彩を欠いた昨季からの巻き返しを目指す。

 トップチームと下部組織の練習拠点となり、2階建ての新クラブハウスには約50平方メートルの浴室も備えた。主将のDF藤本康太は豪華な施設に目を丸くした後「選手、スタッフが一丸となって、しっかりやりたい」と気を引き締めていた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「マラドーナ」特集記事

2013年1月19日のニュース