FC東京 指揮官の盟友・グルイッチ氏をコーチに招へい

[ 2013年1月19日 06:00 ]

 FC東京はセルビア出身でオーストリア国籍を持つヴラヴィッツ・グルイッチ氏(50)を新コーチに招へいすることが18日、分かった。この日来日し、20日にも正式発表される。

 クラブ関係者によれば、現役時代にはラドニツキ・ニシュ(セルビア)で名古屋のストイコビッチ監督とともにプレーした経験を持ち、欧州での指導実績も豊富という。長年の盟友でもあるポポヴィッチ監督とは違うタイプの理論派で指揮官の“右腕”として期待される。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2013年1月19日のニュース