ベッカム退団発表「最後の挑戦を」小野伸二とチームメートも!?

[ 2012年11月20日 11:26 ]

ロサンゼルス・ギャラクシー退団を発表したベッカム(右)

 米MLSロサンゼルス・ギャラクシーは19日、元イングランド代表MFデビット・ベッカム(37)が12月1日のMLS杯決勝をラストゲームに退団することを発表した。

 同選手はクラブの公式サイトで「タイトルを獲得できたことは幸運だった。ギャラクシーで特別な時間を過ごしてきた」と在籍した6年間を振り返った。

 今後については「キャリアを終える前に最後の挑戦をしたかった」と語り、他リーグでのプレーを示唆した。

 16日にオーストラリアのAリーグ移籍の可能性が報じられて、MF小野伸二の所属するウエスタンシドニーが移籍先の有力候補にあがっている。

 オーストラリア協会がベッカム側から接触があったことを認めたが、ベッカムの事務所は17日に「オーストラリアでプレーする計画は全くない」と否定している。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2012年11月20日のニュース