×

長友 ザック監督から「ありがとう」と声掛けられた

[ 2011年10月13日 06:00 ]

欧州へ出発する長友

  日本代表のDF長友佑都は関西空港から欧州に向けて出国した。1アシストを決めた11日のタジキスタン戦後、ザッケローニ監督から「今回の試合の取り組み方、試合の入り方やゲームの内容に満足している。ありがとう。また(所属)チームに戻って頑張ってほしい」と言葉を掛けられたことを明かした。

 来月にはW杯アジア3次予選の敵地2連戦が控えているが「アウェーに行った時にどんな雰囲気になるのか楽しみ」と、次戦が待ち切れないといった様子。11月11日のタジキスタン戦に勝利し、ウズベキスタンも北朝鮮に勝てば、日本は最終予選進出が決定する。チームは3―4―3布陣などの不安要素も抱える中「(ザックジャパンが)ステップアップする時間をつくるためにも、しっかり勝って早く決めたい。システムとか試したいこともあるので」と話した。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「イビチャ・オシム」特集記事

2011年10月13日のニュース