遠藤“恐怖心”与える 大阪での一戦に意欲満々

[ 2011年9月30日 06:00 ]

 最年長のベテラン、G大阪のMF遠藤はタジキスタンを完膚なきまでに叩きのめすことを宣言した。「ホーム戦の後にはすぐアウェー戦もあるので、自分たちの方が強い、ということを見せつけたい」と11月のアウェー戦まで見据えて相手に“恐怖心”を植え付けるつもり。

 右内転筋痛を患っており、セットプレーのキッカー役は控えることが濃厚だが「代表戦は関東圏開催が多いので、普段見に来られない人たちに良い試合を見せたい」と“地元”大阪での一戦に意欲満々だ。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2011年9月30日のニュース