「大地震お祝い」で全北サポーター謝罪…10年間観戦禁止処分

[ 2011年9月30日 13:08 ]

27日のACLで掲げられたメッセージ

 J1C大阪が韓国の全州で27日に全北と対戦したアジア・チャンピオンズリーグ準々決勝第2戦で、全北のサポーターが東日本大震災で被災した日本をやゆするメッセージを掲げた問題で、全北は30日、このサポーターが謝罪の意を伝えてきたことを明らかにした。聯合ニュースが報じた。

 サポーターは30歳の会社員で、29日に全北を訪れ「分別のない行動だった。日本国民と韓国のサッカーファンに心から謝罪する」と述べた。全北はこのサポーターに今後10年間、全州のワールドカップ(W杯)競技場での試合観戦禁止処分を科した。

 全北は再発防止のため、競技場に入る観客の所持品チェックを強化する方針という。(共同)

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2011年9月30日のニュース