長谷部が“独立” 事務所「MPS17」設立

[ 2011年4月20日 06:00 ]

 ボルフスブルクの日本代表MF長谷部誠(27)が個人事務所を設立し“独立”することが分かった。

 中村俊や長友らと同じ事務所に所属しているが、6月で契約満了。新たに愛着ある自身の背番号を入れた「MPS17」という事務所を立ち上げる。第1弾イベントとして6月12日に故郷の静岡県藤枝市で東日本大震災の慈善イベントを開催。長谷部は「被災された方々、日本のこれからを担う子供たちに思いを届ける」という意味を込め、イベント名を「PASS THE MESSAGE」とし、サッカー教室や握手会を行う。グッズ販売の売り上げは全額、日本ユニセフ協会を通じ被災地へ寄付する。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2011年4月20日のニュース