【プリンスオブウェールズS】オーギュストロダン復活V!ディープ産駒牡馬で最多のG1通算6勝目

[ 2024年6月20日 01:06 ]

英G1プリンスオブウェールズS ( 2024年6月19日    英国アスコット芝1990メートル )

プリンスオブウェールズSを制したオーギュストロダン(ロイター)

 ディープインパクト産駒オーギュストロダン(牡4=A・オブライエン)が力強く復活した。

 19日のプリンスオブウェールズSに出走。早め先頭に立つと後続の追い上げをしのいで、G1通算6勝目を挙げた。今年はドバイシーマC、タタソールズゴールドCと連敗を喫したが、王室主催ロイヤルアスコット開催で逆襲。英競馬メディア「At The Races」もX(旧ツイッター)に「Superstar!」とつづった。

 ディープ産駒最終世代のオーギュストロダンは、ディープ産駒の牡馬では、コントレイルのG1・5勝を上回り、単独でG1最多勝となった。

続きを表示

「中京記念」特集記事

「藤田菜七子」特集記事

2024年6月19日のニュース