【競馬】マーメイドSで重賞初制覇を飾った永島まなみ「いつかは海外に」

[ 2024年6月19日 10:25 ]

<マーメイドS>重賞初勝利しポーズを決める永島まなみ騎手 (撮影・亀井 直樹) 
Photo By スポニチ

 マーメイドSをアリスヴェリテ(牝4=中竹、父キズナ)とのコンビで逃げ切り、JRA重賞初制覇を飾った永島まなみ(21)は19日、栗東トレセンで喜びを口にした。

 LINE(ライン)には120件の祝福メッセージが届いたという。「過去イチでしたね(笑い)。トレセンでもすれ違う人、皆さんから祝福していただきました」と感謝を口にする。
 岩田望、田口など若手騎手の海外遠征も発表されたが「私もいつかは行ってみたい。ただ、英語は中学校の時に黒歴史がありまして…。まずは日本語から頑張ります」と笑顔を見せた。

 来週から始まる夏コクの開幕重賞・北九州記念(30日、小倉)はトゥラヴェスーラ(牡9=高橋康)とのコンビで参戦予定。この日、坂路で1週前追い切りにまたがり、4F51秒7の好時計をマーク。「しまいまでしっかり負荷をかけられましたし、バランスも起きて走れていました」と順調ぶりをアピール。「もっと大舞台でも勝ちたいと思いますし、もっと活躍したい」と意気込みを語った。

続きを表示

「アイビスサマーダッシュ」特集記事

「クイーンS」特集記事

2024年6月19日のニュース