【西武園競輪 F1ナイター ガールズ2日目7R】児玉碧衣は薄氷の14連勝「頼む1着、1着と願った」

[ 2024年5月21日 18:49 ]

連勝を14に伸ばした児玉碧衣
Photo By スポニチ

 <西武園2日目7R>

 無双状態の児玉碧衣(29=福岡・108期)が薄氷を踏む思いで連勝を14に伸ばした。最終ホーム6番手からスパートもゴール前では野本怜菜に1/4輪まで迫られ「ヒヤッとしました。野本さんがハンドルを投げてきたから差されたかと思った。ゴール後は“頼む1着、1着”と願っていました」と本音を明かしてホッとした表情を見せた。

 先行した加瀬加奈子を叩くのに手を焼いたのが辛勝の要因。「出るのに手こずってしまった。切れがないですね。トップスピードが落ちている」と現状を分析する。「(開催前は)自転車にあまり乗ってないし、しようがない。気持ちのリフレッシュをしてきたので、こんなものかな」と状態を把握してうなずいた。

 それでも悲観する様子はなく「今日は1周をもがいたし刺激が初日よりも入った。踏めているので問題はない」ときっぱり。連勝街道を突き進む女王は「しっかり優勝して帰れるように頑張ります」と笑顔で前を向いた。

続きを表示

「函館記念」特集記事

「函館2歳S」特集記事

2024年5月21日のニュース