チェルヴィニア落ち着き戻った オークス制覇一夜明け

[ 2024年5月21日 05:01 ]

 オークスを制したチェルヴィニア(牝3=木村)は激闘から一夜明けた20日、自厩舎の馬房で静養した。担当の岡本助手は「口取りの時はまだ興奮状態だったが、厩舎に帰ると落ち着いていつも通りに戻りました」とにっこり。

 レースについては「“走るんだ”という気持ちで目も血走っていた。やる気がありながらも空回りしている様子もなかった。現状の100%以上は出し切ってくれたかな」と殊勲の愛馬をねぎらった。

続きを表示

「中京記念」特集記事

「藤田菜七子」特集記事

2024年5月21日のニュース