ブラジルで失格となったモレイラ騎手が騎乗停止の懸念を否定

[ 2024年5月21日 21:19 ]

J・モレイラ
Photo By スポニチ

 ジョアン・モレイラ騎手(40)は19日のブラジルでのレースで、前検量と後検量で重量に誤差があったため失格とされた。SNSを中心に騎乗停止処分が科されるのではないかと騒ぎになったが、自身の体重ではなく馬具の問題だったとして、モレイラがペナルティーを受けることはないという。

 モレイラはこれを受けて「日本でニュースになっているそうで驚きました。もちろん、私自身に制裁はありません。この後、日本に戻ってダービー、安田記念と2つのG1に乗りますし、他にもたくさんの騎乗依頼をいただいていて楽しみにしているので、応援よろしくお願いいたします」とコメントした。

続きを表示

「中京記念」特集記事

「藤田菜七子」特集記事

2024年5月21日のニュース