【府中牝馬S】戦い終えて

[ 2021年10月17日 05:30 ]

 ▼4着ドナアトラエンテ(ルメール)いい競馬ができた。後ろからよく伸びてくれていたけど、ラスト150メートルでしんどくなった。

 ▼5着サトノダムゼル(石橋)勝ったかと思った。返し馬から雰囲気が良かった。コントロールが利きやすくなっていたし、直線も反応してくれた。

 ▼6着スマートリアン(三浦)内枠を生かす競馬をした。勝負にいったが甘くなってしまった。

 ▼7着アカイイト(中竹師)久しぶりの分か力みがあった。しまいは脚を使ったので収穫あるレースだった。

 ▼8着サンクテュエール(杉原)初ブリンカーでピリッとしていた。前走は気を抜いたので前に壁をつくってレースを組み立てた。

 ▼9着レッドベルディエス(横山和)二の脚つかず後ろから。道中は折り合いに気をつけて、最後は脚を使った。

 ▼10着シゲルピンクダイヤ(和田竜)いい位置につけられたが、右にもたれて反応し切れなかった。

 ▼11着ローザノワール(国分恭)ハナには行けたがちょっと時計が速かった。時計がかかる馬場ならもう少しやれた。

 ▼12着ミスニューヨーク(M・デムーロ)勝負どころで不利を受けて走りがバラバラになってしまった。

 ▼14着セラピア(内田)折り合いはついた。自分の力を発揮できる条件ならもっとやれる。

 ▼15着マジックキャッスル(戸崎)いつものパフォーマンスが出なかった。進路はあったが反応がなかった。

 ▼16着デゼル(川田)本人に進む気があってあの位置になりました。4角手前で動ける雰囲気になく…。1回使って変わってくれれば。

 ▼17着リアアメリア(丸山)気持ちの問題が大きいと思う。

 ▼18着フィリアプーラ(武藤)もう少し前で競馬がしたかった。

続きを表示

「2021 チャンピオンズC」特集記事

「スポニチ賞 ステイヤーズS」特集記事

2021年10月17日のニュース