×

【神戸新聞杯】レッドジェネシス 得意舞台で輝く、末脚生かすイメージ

[ 2021年9月23日 05:30 ]

<神戸新聞杯>藤岡康を背に芝コースで追い切るレッドジェネシス(撮影・亀井 直樹)
Photo By スポニチ

 【東西ドキュメント・栗東=22日】先週のローズSは夏の上がり馬アンドヴァラナウトが勝利を飾った。神戸新聞杯は過去10年でダービー馬が5勝。春の実績馬が順当に秋初戦も結果を残している。昨年のコントレイルに続いて今年も福永がダービー馬を勝利に導くのか。

 新谷は逆転候補を探した。レッドジェネシスは藤岡康と初コンビ。3週続けて追い切りに騎乗した。この日は芝コース単走で6F81秒8~1F11秒7を刻んだ。藤岡康の感触がいい。

 「今週は芝で確認。動きや時計も良かった。2週前は重かったけど追い切るごとに素軽くなっています」

 中京芝2200メートルは2走前の京都新聞杯で経験済み。メンバー最速の上がり3F35秒3で重賞初制覇を決めた。「この舞台で好走しているのは強み。春に稽古で騎乗した時より力をつけていますよ」。その上で「末脚を生かす競馬をイメージしています」と当日を見据えた。敗戦(ダービー11着)をバネに夏を越し、新たな一歩を踏み出す。

続きを表示

「2022 日本ダービー」特集記事

「目黒記念」特集記事

2021年9月23日のニュース