×

【神戸新聞杯】セファーラジエル 力強い脚さばき、高柳大師は成長ぶり強調

[ 2021年9月23日 05:30 ]

<神戸新聞杯>CWコースで追い切るセファーラジエル(撮影・亀井 直樹)
Photo By スポニチ

 重賞初チャレンジとなるセファーラジエルはCWコース単走。力強いフットワークで6F85秒1~1F12秒0を馬なりで刻んだ。軽く500キロを超える馬体は迫力満点。高柳大師は「動きは良かったと思います。春から体がしっかりしてトモと腰が強くなった」と成長を強調する。

 ダービーと同日、中京で行われた前走・白百合Sは出遅れながら、後続に4馬身差をつける圧勝劇。「能力はあるし、あれから成長した姿で重賞へ。リズム良く運べれば」と期待を寄せた。

続きを表示

「2022 日本ダービー」特集記事

「目黒記念」特集記事

2021年9月23日のニュース