【中京新馬戦】トゥデイイズザデイ 武豊も太鼓判の逸材、馬場回復祈る

[ 2021年9月17日 05:30 ]

 “最高の一日”に向け万全の態勢が整った。中京日曜5R(芝2000メートル)の主役トゥデイイズザデイ(牡=池江、父ディープインパクト)は2週続けて武豊が騎乗する念の入れよう。1週前のCWで6F83秒0~1F11秒9。今週は坂路で53秒7~1F12秒4の時計でともに併走先着。

 既に鞍上が太鼓判を押す素材だが、指揮官の期待も大きい。「2週前ぐらいから動きが良くなり、しっかり伸びるようになった。坂路でもいい加速。癖もなくディープ産駒らしい動き」と池江師。「この血統なので良馬場でやりたい」と馬場の回復(土曜は雨予報)を願った。

続きを表示

「2021 菊花賞」特集記事

「富士S」特集記事

2021年9月17日のニュース