×

札幌日経OPを制したディアスティマ右前種子骨靱帯炎で休養

[ 2021年9月2日 15:29 ]

 今年の天皇賞・春6着後、8月7日の札幌日経オープンを制したディアスティマ(牡4=高野、父ディープインパクト)は右前脚の種子骨靱(じん)帯炎が判明したため、休養に入る。サンデーレーシングが発表した。

 札幌日経オープン後は北海道苫小牧市のノーザンファーム空港で調整していたが予定は白紙とし、復帰までに1年ほどかかるとしている。

続きを表示

「CBC賞」特集記事

「ラジオNIKKEI賞」特集記事

2021年9月2日のニュース