×

【次走】ワンダフルタウンは神戸新聞杯で始動

[ 2021年8月4日 05:30 ]

 ダービー10着ワンダフルタウン(牡3=高橋義)は神戸新聞杯(9月26日、中京)から始動する。現在は北海道のノーザンファーム早来に放牧中。「お盆すぎに戻す予定。できれば菊花賞へ向かいたい」と師。僚馬で鳴尾記念6着サンレイポケット(牡6)は毎日王冠(10月10日、東京)へ向かう。

 ラジオNIKKEI賞2着ワールドリバイバル(牡3=牧田)はセントライト記念(9月20日、中山)。

 クイーンS6着ローザノワール(牝5=西園)は放牧。

 白百合S3着マカオンドール(牡3=今野)は阿賀野川特別(22日、新潟)へ。

 札幌記念(22日、札幌)で始動する京都記念2着ステイフーリッシュ(牡6=矢作)の鞍上は坂井。

 函館記念8着マイネルウィルトス(牡5=宮)も札幌記念。

 関越S11着ハッピーアワー(牡5=杉山佳)は関屋記念(15日、新潟)へ。

 京王杯SC3着カイザーミノル(牡5=北出)は横山典とのコンビで朱鷺S(29日、新潟)。

 関越Sを勝ったサトノウィザード(牡5=宮田)は新潟記念(9月5日、新潟)か富士S(10月23日、東京)。

 柳都Sを勝ったホウオウスクラム(牡6=奥村武)はBSN賞(28日、新潟)。

 STV杯を勝ったアラタ(牡4=和田勇)はケフェウスS(9月18日、中京)に向かう。

 【2歳次走】

 新潟の新馬勝ちファンデル(牝=杉山佳)はききょうS(10月2日、中京)。

 中京の新馬Vブレスレスリー(牝=藤岡)は小倉2歳S(9月5日)へ。

 函館2歳S4着イチローイチロー(牡=北出)はクローバー賞(22日、札幌)。

 小倉の新馬Vシュンメキラリ(牝=牧田)はひまわり賞(28日、小倉)。

 函館で未勝利勝ちのフィフティシェビー(牡=藤沢和)はコスモス賞(14日、札幌)へ。

 新潟で未勝利勝ちのグランシエロ(牡=武井)は休養を挟んで秋の東京開催に照準。

続きを表示

「2022 オークス」特集記事

「平安S」特集記事

2021年8月4日のニュース