サイバーA代表・藤田晋氏 3億円馬など計12頭を落札!ウマ娘ファン期待「ウマ娘の未来を広げてくれ」

[ 2021年7月12日 19:45 ]

3億円で落札されたファイネストシティの2020((C)Japan Racing Horce Association)
Photo By 提供写真

 日本最大の競走馬セリ「セレクトセール2021」が12日、北海道苫小牧市のノーザンホースパークでスタートし、サイバーエージェント代表取締役社長の藤田晋氏(48)が7頭を1億円以上で落札するなど計12頭を落札した。総額は15億4100万円にのぼった。

 藤田氏が落札した馬の中でファイネストシティの2020(父ロードカナロア)は今回のセール最高額タイとなる3億円で落札した。

 同社の子会社が人気ゲームアプリ「ウマ娘 プリティダービー」のサイゲームス。その影響もあり、ネットでは「藤田社長」がトレンド入りした。

 ネットでは「ウマ娘効果凄いな」「ウマ娘効果で藤田社長爆買い」「藤田社長がセレクトセールで落札した模様。将来のウマ娘候補となるか!?」「CA藤田社長めっちゃ落とすやん。ウマ娘の未来を広げてくれ」「サイバーの藤田社長が何事かと思ったらリアルに馬を買いあさりだった。リアルウマ娘なわけね。ネーミングセンスにも期待」などウマ娘ユーザーから将来を期待する声がたくさん挙がった。

続きを表示

「アイビスサマーダッシュ」特集記事

「今週の丸山元気!」特集記事

2021年7月12日のニュース