【京都新聞杯】レッドジェネシスV 川田「“届くな”というぐらい雰囲気は良かったです」

[ 2021年5月8日 20:28 ]

<中京11R・京都新聞杯>後方から差し切ったレッドジェネシス(手前)(撮影・平嶋 理子)
Photo By スポニチ

 8日に中京競馬場で行われたG2「第69回京都新聞杯」はレッドジェネシス(牡3=友道)が差し切り、連勝で重賞初制覇を飾った。

 この勝利でJRA通算1600勝を決めた川田は「道中のリズムが良かったですし、直線に入った時には“届くな”というぐらい雰囲気は良かったです」と振り返った。なお、管理する友道師もJRA通算600勝のメモリアルとなった。

続きを表示

「2021 宝塚記念」特集記事

「今週の丸山元気!」特集記事

2021年5月8日のニュース