【NHKマイルC】傾向と対策

[ 2021年5月8日 05:30 ]

 過去10年の結果から傾向を探る。

 ☆枠順 4、6、8枠が最多2勝ずつ。3着内率が最も高いのは8枠。一方、1枠は【0・1・2・17】と唯一、勝ち馬が出ていない。スピード勝負だけにもまれない外枠がやや優勢か。

 ☆前走 ニュージーランドT組が【4・0・3・50】。率は良くないが最多の優勝馬を輩出。桜花賞、皐月賞などのG1からの転戦組は【4・2・1・26】と好成績。前走着順を問わないのも特徴だ。

 ☆生産 ノーザンファーム生産馬が【6・3・6・37】と圧倒的。外国産馬は19連敗中。20年ぶりの勝利が懸かっている。

 結論 ◎ソングライン ○ピクシーナイト ▲タイムトゥヘヴン

続きを表示

「2021 宝塚記念」特集記事

「マーメイドS」特集記事

2021年5月8日のニュース