【川口・オールスター】鈴木圭一郎が復活V!19年全日本選抜以来、通算9度目のSG制覇

[ 2021年4月30日 05:30 ]

SG第40回オールスター・オートレースで優勝した鈴木圭一郎(手前)
Photo By スポニチ

 川口オートレース場のSG「第40回オールスター・オートレース」(優勝賞金1300万円)は29日、最終日12Rで10Mオープンの優勝戦(5100メートル=10周)が行われ、鈴木圭一郎(26=浜松)が優勝。19年全日本選抜(川口)以来、通算9回目のSG制覇を飾った。

 SG初優出が3人、女子レーサーが2人。新時代のSGファイナル。雨中の川口走路を切り裂き、圭一郎が復活した。10Mオープンの7枠から3番手発進。先頭を行く佐藤摩弥との差をジワジワ詰めると、4周回3角で捲ってねじ伏せた。残り6周回をぶっちぎってゴール。「雨で1着を獲った時の音を頼りにして調整。音は出た。試走タイムが出たので自信を持っていけた」と振り返った。

 オールスターは17年(川口)以来2度目のV。昨年は6期3年守ったS1から陥落し、まさかのSG無冠。タイトル5連覇を懸けた今年2月の全日本選抜(浜松)は4連勝で優勝戦1枠を獲得したものの、痛恨のスタート失敗でチャンスを逸した。負の連鎖を断ち切れない中、支えとなったのがファンの存在だ。「勝てていなかったのに投票数が思ったより多くて…」。今大会のファン投票得票数は森且行(ケガで不出場)に次ぐ2位だった。眠れる金獅子がようやくお目覚め。S1、スーパースター奪回を目指して突っ走る。

 ◆鈴木 圭一郎(すずき・けいいちろう)1994年(平6)11月30日生まれ、東京都葛飾区出身の26歳。浜松支部所属。13年7月1日登録の32期生。同期は岡谷美由紀、鈴木宏和、吉原恭佑ら。女子レーサー吉川麻季(飯塚・33期)と昨年11月に結婚。通算48V(SG9V、G1・12V、G2・3Vを含む)。1メートル60、51キロ。血液型A。

続きを表示

「2021 ヴィクトリアM」特集記事

「京王杯SC」特集記事

2021年4月30日のニュース