【アンタレスS】レーヌブランシュ実績舞台に自信 橋口師「広いコースは合う」

[ 2021年4月14日 05:30 ]

 レーヌブランシュが牡馬に挑戦状を叩きつける。が、実情は牝馬限定の交流重賞マリーンC(4月7日)を除外になってここへ。橋口師は「まさか除外になるとは。それでも乗り込んで状態は変わりなくいい。前走(エンプレス杯5着)はスタートが悪く、道中もスムーズさを欠いた。広いコースは合うと思うので」と前向きに話す。阪神の1800メートルは新馬戦で3馬身半差Vを飾った実績舞台。通用しても驚けない。

続きを表示

「2021 宝塚記念」特集記事

「今週の丸山元気!」特集記事

2021年4月14日のニュース