【桜花賞】ヨカヨカ、好調をアピール 谷師「ある程度、前につけて抜け出す競馬ができれば」

[ 2021年4月7日 05:30 ]

 九州産馬ヨカヨカは1週前のCWコースで6F77秒8を刻む猛調教を消化。本番に向けてハードに仕上げられている。火曜朝は角馬場で調整した。谷師は「カイバは与えるだけ食べるし、そのあたりの心配はしたことがない。競馬に使ってもしっかり食べるから大したもの」と感心する。今週は木曜追いの予定。「前が速くなってくれたら。ある程度、前につけて抜け出す競馬ができれば」とイメージしていた。 

続きを表示

「2021 皐月賞」特集記事

「中山グランドJ」特集記事

2021年4月7日のニュース