【AJC杯】戦い終えて

[ 2021年1月25日 05:30 ]

 ▼3着ラストドラフト(三浦)向いていない馬場で頑張った。良ならと思わせる内容だった。

 ▼4着ステイフーリッシュ(石橋)返し馬で走ると感じたし道中の手応えも良かった。勝負どころで先に動かれて苦しくなったが力は見せてくれた。

 ▼5着モズベッロ(北村宏)上位と同じ勢いで差のないところまで伸びてくれた。状態が戻りつつある。

 ▼6着ウインマリリン(横山武)思い通りのレース。大きく負けてはいないが距離が少し長いかも。

 ▼7着ジャコマル(田中勝)速い脚がないので先行する形になったが、最後までよく走っている。

 ▼8着ナイママ(柴田大)この馬の競馬はできたし、よく頑張って走っている。

 ▼9着タガノディアマンテ(津村)ペースが緩くてハミをかんでしまった。この馬場で余計に苦しくなった。

 ▼10着サンアップルトン(柴田善)状態は良かったが馬場がひどすぎてノメってしまった。

 ▼12着ベストアプローチ(江田照)悪い馬場で走るだけで精いっぱいだった。

 ▼13着ノーブルマーズ(高倉)リズムを守って走ったが、3角で手応えがなくなった。

 ▼14着マイネルハニー(宮崎)馬場は気にしていなかったが、最後は年齢的な部分かもしれない。

 ▼15着ジェネラーレウーノ(武藤)馬場が緩くて走りづらそうだった。手応えをつかめないまま運ぶ形になってしまった。

 ▼16着ソッサスブレイ(木幡巧)ノメって馬場に対応できなかった。

 ▼17着ランフォザローゼス(杉原)位置取りは悪くなかったが、この馬場では踏ん張りが利かない。

続きを表示

「弥生賞ディープインパクト記念」特集記事

「チューリップ賞」特集記事

2021年1月25日のニュース