×

【東スポ杯2歳S】タイトルホルダー 脚質転換を狙う「しまいの競馬をしたい」

[ 2020年11月18日 05:30 ]

 タイトルホルダーは中山1800メートルの新馬戦を逃げ切って参戦。栗田師は「ここ目標にオーナーとも相談して順調にきてます。初戦は行く馬がいなくてハナに行ったが、しまいの競馬をしたい」と脚質転換を狙う。現2歳が初世代の新種牡馬ドゥラメンテのJRA重賞初Vが懸かる。「新馬戦でジョッキー(戸崎)も手応えをつかんでくれたみたい。重賞でも楽しみ」と前向きだった。

続きを表示

「2022 日本ダービー」特集記事

「目黒記念」特集記事

2020年11月18日のニュース