【菊花賞】“良血”サトノフラッグ上積み きょうだいも活躍

[ 2020年10月21日 05:30 ]

サトノフラッグ
Photo By スポニチ

 主人公が実は高貴な生まれだったというのはよくあるストーリー。サトノフラッグは日本競馬の至宝・ディープインパクトを父に持ち、母はアルゼンチンの3歳牝馬チャンピオンに選出されたバラダセールという“由緒正しき”血統だ。その母バラダセールは同国のオークス、1000ギニーでG1・2勝。日本で繁殖入りし、先日のサフラン賞を勝ったサトノレイナスなど、きょうだい全5頭が勝ち上がっている。

 そんな良血サトノフラッグについて、国枝師は「1回使って良くなっているし上積みがある。しっかり走ってくれたセントライト記念と同じような過程」と納得の口ぶりだ。コントレイルに注目は集まるが、3年連続となるディープ産駒の菊花賞Vはこの馬でもおかしくない。

続きを表示

「2020 チャンピオンズC」特集記事

「スポニチ賞 ステイヤーズS」特集記事

2020年10月21日のニュース