世界1位のガイヤース引退 種牡馬入りへ

[ 2020年10月21日 05:30 ]

 今年の「ロンジンワールドベストレースホースランキング」で世界1位となる130ポンドを獲得しているG1・4勝馬・ガイヤース(牡5=英国アップルビー、父ドバウィ)が現役を引退することが分かった。

 19日、同馬を所有するゴドルフィンが公式サイトで発表した。通算13戦9勝。今後は愛国のキルダンガンスタッドで種牡馬入りする。

続きを表示

「森且行」特集記事

「根岸S」特集記事

2020年10月21日のニュース