【スプリンターズS1週前追い】グランアレグリア余力たっぷり 藤沢和師「凄く順調」

[ 2020年9月25日 05:30 ]

併せで追い切るグランアレグリア(左)(撮影・西川祐介)
Photo By スポニチ

 秋のG1シリーズ開幕戦「第54回スプリンターズS」(10月4日、中山)の主役グランアレグリア(牝4=藤沢和)がWコースで1週前追い切りを行った。アブソルティスモ(3歳2勝クラス)を3馬身追走。ゴール板では半馬身遅れたが最後まで余力たっぷりの脚色。藤沢和師も「凄く順調。1週前としてはいい追い切りができた。来週も追えば態勢は整う」と納得の様子だ。アーモンドアイを撃破した安田記念から2Fの距離短縮については「器用に走れる馬なので中山の1200メートルでも楽しみ」と自信を見せた。

続きを表示

「2020 天皇賞(秋)」特集記事

「スワンS」特集記事

2020年9月25日のニュース