【神戸新聞杯】レクセランス、促しながら加速 池添学師「右にササることがなかった点が成長」

[ 2020年9月25日 05:30 ]

 レクセランスは松山を背に坂路でシルヴェリオ(3歳1勝クラス)と併せ馬。4F52秒4~12秒5をマークし、ゴール前で首差遅れた。だが池添学師は「真っすぐ走れていた。右にササることがなかった点が成長。促しながら加速していった」と成長ぶりに納得の様子。デビューから3連勝を決めたディープインパクト産駒。ここから再出発だ。

続きを表示

「2020 ジャパンC」特集記事

「京阪杯」特集記事

2020年9月25日のニュース