【札幌新馬戦】テーオーメアリー逃げ切る ルメール「いい走りだった」

[ 2020年8月8日 13:26 ]

<札幌5R・新馬戦>スタートから飛び出して逃げ切ったテーオーメアリー(撮影・千葉 茂)
Photo By スポニチ

 8日の札幌5R・新馬(1200メートル)は1番人気テーオーメアリー(牝=梅田、父モーリス)が後続に2馬身差で逃げ切った。

 手綱を取ったルメールは「スタートからスピードを発揮してくれた。ゴール前でも伸びているし、いい走りだった」と振り返る。

 梅田師は「まだ体が成長しておらず、能力だけで勝ってくれた。兄弟はダート向きだったが、この馬は芝にもダートにも対応できそうだ」と語っていた。

続きを表示

「2020 スプリンターズS」特集記事

「シリウスS」特集記事

2020年8月8日のニュース