【徳山・ルーキーS】松尾、徳山3連続V!お見事コンマ08快ショット

[ 2020年8月8日 05:30 ]

徳山負け知らずの松尾拓
Photo By スポニチ

 ボートレース徳山で7日、ルーキーシリーズ第14戦の優勝戦が行われ、1番人気の1号艇、松尾拓(31=三重)が難なく押し切り、徳山では17年2月、今年5月に続く3場所連続優勝を決めた。これで節目の通算10V。2着が上田龍星(25=大阪)、3着が井上忠政(24=大阪)だった。

 誰も動く気配がなく進入は展示通り123・456の隊形。1コースの松尾がコンマ08の快ショット。勝負は早々と決まった。今シリーズ11戦7勝。ただ一人のオール2連対。最初から最後まで隙がなかった。それでも「ちょっと冷やっとした。ターン回りはだいぶ仕上がっていたが、前回の方が良かったかな」。その前回、5月のトライアングルCは3日目から怒濤(どとう)の5連勝でV。求めるレベルが高いからこその「冷やっとした」だろう。今回を含め、徳山では3場所連続V。自信を持ちすぎず、高いレベルを目指す姿勢が敵なしの勢いにつながっている。

 徳山では9月にはG1ダイヤモンドCが行われる。「変に気負わず自分の力を出せたら。まずは予選突破を目標にしたい」。謙遜したが、この相性の良さを見れば当然、V候補の一角だろう。 

続きを表示

「2020 菊花賞」特集記事

「富士S」特集記事

2020年8月8日のニュース