【エルムS】アルクトス、6馬身追い先着 田辺「これまでの休み明けより仕上がりは上」

[ 2020年8月6日 05:30 ]

 昨年プロキオンSに続く重賞タイトルを目指すアルクトスは田辺騎乗で好仕上がりをアピールした。ダートコースでボスアンルーリー(5歳1勝クラス)の6馬身後方から差を詰めると、外から半馬身先着。

 田辺は「これまでの休み明けより仕上がりは上。左右の回りにもこだわっていないが、今回は重賞を勝っている馬がそろった。どういうレースができるか」と慎重な口ぶりだった。

続きを表示

「2020 スプリンターズS」特集記事

「シリウスS」特集記事

2020年8月6日のニュース