【多摩川・レディースC】喜多須“勝負スカート”で良機ゲット「回転を合わせられたら凄く良くなる」

[ 2020年8月5日 05:30 ]

会場に到着した喜多須(撮影・吉田 剛)
Photo By スポニチ

 プレミアムG1「第34回レディースチャンピオン」は5日、ボートレース多摩川で開幕する。今節は新型コロナウイルス感染拡大防止から、入場人数を1日200人に制限。選手の入り待ちも自粛要請が出された。そこで本紙カメラマンが、リアルな選手を見られないファンのためにピットに密着。数々の前検シーンをお届け。

 前検日(4日)は9時ごろから出場52選手が続々と多摩川入り。ほぼ全員がパンツスーツで登場する中、喜多須だけはスカート姿で現れた。それも白シャツに黒スカートでオフィスレディーのような出でたち。このモノトーンコーデが口元の花柄マスクを映えさせた。「スカートの方が涼しいから」と語る表情は爽快感たっぷり。前検練習でも心地良さそうな動きを見せた。

 引き当てた64号は連対率1位の注目機。タイム計測でもトップタイとなる6秒65をマークした。「回り過ぎで乗りづらかったけどエンジンにパワーを感じた。うまく回転を合わせられたら凄く良くなると思う」。調整時間が短い1Rだけに機力差がより生きる可能性は十分。オープニングも魅了してくれそうだ。

続きを表示

「2020 スプリンターズS」特集記事

「シリウスS」特集記事

2020年8月5日のニュース