【函館11R・五稜郭S】3番人気ナイママが1年11カ月ぶりの白星 丹内「この馬の特徴を生かせた」

[ 2020年7月11日 15:58 ]

ゴール前の直線で抜け出して勝った(5)ナイママ(撮影・千葉 茂)
Photo By スポニチ

 函館11R・五稜郭S(3歳上3勝クラス)は2番手から伸びた3番人気ナイママ(牡4=武藤)が、ワセダインブルーの追撃を首差こらえて快勝。道営時代にJRA勢に挑んだ2歳のコスモス賞(18年8月)以来、1年11カ月ぶりの勝利でオープンに昇級した。

 初コンビの丹内は「函館に入厩した当初は少し重い感じでしたが、短期間に2本速い追い切りをこなし、馬もよく耐えてくれた。前めに行って、この馬の特徴を生かせた」と笑顔で振り返っていた。

続きを表示

「関屋記念」特集記事

「小倉大賞典」特集記事

2020年7月11日のニュース