【函館2歳未勝利】リキサントライ、逃げ切りV 池添「使いながら素軽く」

[ 2020年7月11日 11:28 ]

 函館1R・2歳未勝利戦(芝1200メートル)は出負け気味のスタートから先手を奪った2番人気リキサントライ(牡=池添兼、父ネオユニヴァース)が迫るデンプシーロールを首差退け、逃げ切り勝ち。3戦目で初白星を挙げた。

 騎乗した池添は「使いながら、素軽くなってきました。3回目の競馬でもゲートはあまり速くなかったが、内枠でジワッとハナに行けた。脚が長く続かない面があるのでその辺りが良くなれば」と回顧。

 池添兼師は「使いながら、体が絞れた(6キロ減)のも良かったと思う。状態に問題がなければ、連闘で函館2歳S(18日)に行きます」と話した。

続きを表示

「レパードS」特集記事

「エルムS」特集記事

2020年7月11日のニュース