【テレビユー福島賞】ミスターX アミーコ◎“得意舞台”で上位に食い込む!

[ 2020年7月11日 05:30 ]

 テレビユー福島賞(福島11R)は、ナンヨーアミーコを本命に指名。この馬の持ち味は末脚。前走・晩春Sではその持ち味を存分に発揮できずに10着に終わった。それでも上がり3Fは、メンバー3位タイ。持ち味をフル発揮したのは、2走前の船橋S。3カ月の休養明けだったが最後方から、メンバー最速タイの上がり3F34秒2の末脚を披露し、5着まで迫った。近走は脚を伸ばしながらも、なかなか結果が出ていないが、得意舞台の福島で上位に食い込みたいところだ。

 福島1200メートルは【0・2・2・0】と馬券圏内を外したことがなく、好相性の舞台。昨年の当レースもメンバー最速の上がり3F33秒8で、優勝馬に0秒1差の3着と好走している。(4)から(3)(8)(11)(13)(16)。

続きを表示

「レパードS」特集記事

「エルムS」特集記事

2020年7月11日のニュース