【函館新馬戦】プライムデイ、スタートの速さ武器に初陣Vへ 陣営「センス感じる」

[ 2020年7月1日 05:30 ]

 函館土曜の芝1200メートルの新馬戦ではプライムデイ(牡=加藤征、父キズナ)が好ムード。先週6月24日は芝コースで4F51秒6~1F12秒0でスピード感あふれる動き。浅利助手は「元々穏やかだった馬が函館入厩後はいい意味で少しピリッとしてきた。ゲートは三重丸。センスを感じます」とスタートの速さを武器に初陣Vを狙う。

続きを表示

「七夕賞」特集記事

「プロキオンS」特集記事

2020年7月1日のニュース