【函館新馬戦】アランデル、陣営能力を評価「先々はもっと良くなってきそう」

[ 2020年7月1日 05:30 ]

 函館日曜の芝1800メートルの新馬戦ではアランデル(牡=大竹)の動きが目立つ。大竹厩舎の看板馬ブラストワンピースと同じハービンジャー産駒。松浦助手は「先週は思った以上の速い時計になったが、楽についていけて反応も良かった。素直な馬でゆったり運べる距離はいいと思う。先々はもっと良くなってきそうですが、入厩後はトモ(後肢)ががっちりしてきた」と好感触だった。

続きを表示

「七夕賞」特集記事

「プロキオンS」特集記事

2020年7月1日のニュース